産後の気になる乾燥!これって何が原因?

出産後、育児に追われ自分のことは後回し・・・なんてママは少なくありませんが、ふっと自分の顔を触り乾燥していることに気づいたというママも多いですね。

出産前から乾燥肌だったというママはもちろん、乾燥肌とは無縁だったというママの中にも産後、乾燥が気になるようになったという声は珍しくないのです。

産後は肌が乾燥しやすくなるのでしょうか?産後と乾燥が関係しているとして、その理由は何なのか?詳しく見ていきましょう。

産後の肌の乾燥、敏感肌になりやすい理由

産後はなぜ、肌が乾燥しやすかったり敏感になりやすくなるのでしょう?

その理由は4つあります。

ホルモンバランスによる影響

妊娠中、大量に分泌されていた女性ホルモンですが、出産を機に分泌量は妊娠前と同じ量に戻ります。

この分泌量の急激な変化は、心身に様々なトラブルを起こしやすくなり、その一つに肌トラブルが挙げられるのです。

特に周期的に皮膚が新陳代謝によって再生を繰り返す「肌のターンオーバー」の周期が乱れやすくなるため、肌が乾燥しやすくなったり敏感になりやすくなってしまいます

睡眠不足による影響

個人差はあるものの産後、数か月はまとまった睡眠が摂りにくくなりますね。

睡眠不足が続くということは、肌をはじめ、体の様々な機能が低下しやすくなる状態。

そのため、睡眠不足が続くことで、肌のバリア機能といって外部からの刺激に抵抗する機能が低下してしまうことで肌が敏感になりやすくなってしまうのです。

母乳による影響

赤ちゃんを母乳や混合で育てているママに特に多いのが母乳による影響です。

母乳はママの血液で作られているため、赤ちゃんに母乳を与えているとどうしてもママの体内では水分が不足しやすくなっています。

そのため、積極的に水分を摂っておかないと体内の水分不足が加速し、肌が乾燥しやすくなってしまったり、敏感になりやすくなってしまうのです。

スキンケアが不十分

育児に追われていると自分のことは後回しになってしまうのは仕方がないことですが、特に後回しになってしまうのが、入浴後のスキンケア。

特にパパの帰宅が遅く、我が子を一人でお風呂に入れなくてはいけない!というママの場合、入浴後、我が子を放っておいて自分のスキンケアを優先するなんてことはできませんよね。

我が子の着替えを済ませ、水分補給をさせて、機嫌が良いのを見計らってようやく自分の番。

ここまでバスタオル1枚で挑むママも多いくらい。当然、スキンケアをされていないお肌はカピカピです。

この状態でも入念にお手入れできれば良いのですが、そうもいかないのが現実でパパっとスキンケアを済ませて終わり!ということが多いもの。

この状態が続くと、肌は乾燥しやすく、また敏感になりやすくなってしまいます。

産後スキンケアはオールインワン化粧品がおすすめ

いかがでしたか?

個人差はあるものの、産後は上記の理由から誰でも肌が乾燥しやすくなったり敏感になりやすくなってしまうものです。

また、スキンケアに重点を置きたくても現実的に難しいというのが正直なところ。

産後スキンケアは、速やかに確実に行う必要があるため、基礎化粧品選びはかなり重要となります。

今まで使っていた基礎化粧品では、不充分という方や思うようにスキンケアが出来ないという方には化粧水~保湿クリームまで1ステップで済ませることができるオールインワン化粧品がおすすめです。

肌の状態が悪いまま長期間放置しておくと、取り返しのつかないことになり兼ねませんので、早急に対処が必要。

オールインワン化粧品でしたら、産後ままでも無理なく使え、加速するボロボロお肌を食い止める役割を担ってくれます

産後スキンケアにはメディプラスゲルかパーフェクトワンがおすすめ!

メディプラスゲル

肌の貯水力の低下に着目し、徹底的に肌の角層をうるおすことにこだわって作られたメディプラスゲル。貯水力を高めて産後にありがちな肌トラブルへアプローチします。

肌に不要なものを一切使っていないので、子育て中のママでも使用直後から我が子と触れ合えます。容器はポンプ式タイプなので衛生面も安心ですね。

保湿でお悩みの産後ママには特におすすめです。

パーフェクトワン

保湿成分をたっぷり配合し、定番のスキンケアからスペシャルケアまで一挙に担ってくれるパーフェクトワンモイスチャージェル。

合成香料、合成着色料、パラベン無添加で安全性が高いので産後ママでも安心して使えるオールインワン化粧品です。

化粧下地効果もありすぐにベースメイクを始められるので、忙しいママに最適です。

どちらのオールインワンも口コミ評価が非常に高くほとんどの方がリピーターになるという人気商品です。価格も安く、コスパもとてもいいですのでまずは試しにという方にもぜひおすすめです。

このページの先頭へ